「無効なトラフィック – コンテンツ向け AdSense」について

サイト運営者様の収益は、さまざまな理由で減額されることがあります。アカウントで不正なクリック操作が確認された場合や、広告の掲載方法が AdSense のポリシーに違反している場合は、Google でサイト運営者様の収益を調整いたします。詳細については、ポリシーとトラフィックの品質ガイドラインに関するよくある質問をご覧ください。

また、AdSense コンテンツ(サイトやモバイルアプリ上のコンテンツを含むが、それらに限定されない)に掲載された広告の掲載費用を回収できなかった場合にも、収益が調整されます。具体的には、盗難クレジット カードが使われるなど、広告費用が不正な方法で支払われた場合です。Google ではこうした事態をできるだけ未然に防ぎ、ユーザー、サイト運営者、広告主の皆様にとって安全なエコシステムを維持するよう努めています。
収益の減額に関するよくある質問 - AdSense ヘルプ


トランザクション履歴での質問です - Google プロダクト フォーラム

今までもタイトルのような項目があり、一部の人には表示されていたようですが、表示されない人のほうが多かったようです。2015年の中ごろから月末の収益確定時あたりに必ず表示されるようになったようです。

どういう理由で減額されるかはわからないわけですが、減額されたからと言って不正をしているとみなされているわけではありません。

ヘルプをみると、広告費が回収できなかった場合も該当するみたいです。

あと、多くの不正クリック(不良クリック?)は、リアルタイムに近い形で処理されるようです。クリック数が少ないと、1なのに0円とか言う感じで、目に見える形でわかることもあるようです。また数時間後に減額されていたとかそういうのもあるようです。

減額が適用された期間はお知らせすることができません。Google の利用規約では、請求日から 60 日前までさかのぼり、その期間に発生した無効なトラフィックについては広告主のアカウントにクレジットを適用することになっています。また、調査を完了してクレジットの手続きを開始してから、実際にクレジットがアカウントに表示されるまでには 30 日ほどかかります。
収益の減額に関するよくある質問 - AdSense ヘルプ


60日までさかのぼって減額できるようです。

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。